埼玉浦和の弁護士による交通事故の賠償額・慰謝料増額相談サイト。保険会社から提示された賠償額が適正かどうかを無料で診断いたします。

代表弁護士 坂根洋平からご挨拶

さいたま市浦和区の交通事故弁護士私は、都内の法律事務所に所属していた頃より、交通事故の損害賠償問題に積極的に取り組んでおり、示談交渉や裁判など膨大な事件数を取り扱ってきました。そして、現在は、さいたま市浦和区及び周辺地域の方を中心に、交通事故のご相談やご依頼をお受けしています。


これまでの経験と実績に基づいて、交通事故の賠償でよく問題となる、過失割合、後遺障害、慰謝料などに関する争いだけでなく、むちうち損傷、RSD、脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症・低髄液圧症)、高次脳機能障害、脊髄損傷など損害賠償の実務上、争いとなりやすい傷病や死亡事故にも対応することが可能です。


まずは、法律相談のご予約をお取りいただき、ぜひ当事務所にご来所ください。
多くの方々からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

 

 

事務所の特徴

特徴1 事故直後からご相談やご依頼をお受けしています

事故直後からご相談やご依頼をお受けしています交通事故の損害賠償において、その損害を立証する際に最も重要となる事実は、入通院の状況です。当事務所では、事故後の入通院の状況を丁寧に把握し、症状固定後の損害賠償において経済的に損をしないよう、状況に応じた柔軟なアドバイスを行っております。


また、弁護士にご依頼いただければ、弁護士が被害者の方の代理人として、保険会社からの連絡や各種事務処理、損害賠償金の示談交渉など一連の手続すべてを行いますので、被害者の方は、事務対応の煩わしさやストレスから解放されます。

 

 

特徴2 後遺障害申請は、原則として、被害者請求で行います

後遺障害申請後遺障害の申請は、相手方の保険会社に一任して行う方法(事前認定)と、被害者自らが自賠責保険会社に申請する方法(被害者請求)の2つの方法があります。弁護士が依頼を受けていない案件の後遺障害申請は、そのほとんどが事前認定で行われているようですが、当事務所では、必要な証拠資料を整えた上で、中立かつ透明性のある被害者請求の方法で後遺障害申請を行います。

 

 

特徴3 事故直後の諸対応から示談交渉や訴訟まで一連の手続を全て弁護士が行います

手続を全て弁護士が行います当事務所では、事故直後の保険会社とのやりとりや、治療の打ち切りに対する対応、休業損害の請求、後遺障害の申請、賠償金交渉、訴訟提起など一連の手続を全て弁護士が迅速かつ緻密に行います。

また、被害者の方と情報を十分に共有し、被害者の方と二人三脚で解決を目指します。

 

 

特徴4 労災保険などを含むワンストップの法律相談ができます

ワンストップの法律相談交通事故の事案のうち一定程度の割合で、通勤災害や業務災害などの労災事故が存在します。労災保険が適用される事案では、加害者の自動車保険との関係が煩雑になりやすいといえます。

当事務所にご依頼いただければ、労災保険が適用される事案についても被害者の方に適切な方針をご案内することができます。

 

 

依頼の流れ

1 ご依頼者様から当事務所へのご連絡

まずは、当事務所(TEL 048-829-9352、FAX 048-829-9353)までご連絡ください。
交通事故に関するご相談は初回1時間無料です。


交通事故のご依頼の流れ

2 法律相談の実施

ご予約をいただきました日時に、法律相談をお受け致します。


交通事故のご依頼の流れ

3 弁護士費用のお見積り

ご依頼をお受けする(委任契約の締結)前に、着手金、報酬金等の弁護士費用のほか、事件処理に要する諸経費について、ご説明させていただきます。
詳細は、「弁護士費用について」をご確認下さい。
弁護士費用特約を利用できる場合、原則として、ご依頼者様のご負担はありません。


交通事故のご依頼の流れ

4 委任契約の締結

前記3の弁護士費用等についてご了承いただけましたら、委任契約を締結し、事件の相手方との交渉など具体的な法律業務に着手することになります。
当然ではございますが、いつの間にか弁護士費用が発生したりすることはありません。費用対効果を踏まえて、弁護士にご依頼いただく方がよいと考えられる場合に、実際にご依頼をお受けしております。

 

 

 

ページの上部へ戻る